主な機能

管轄するセンター(エリアグループ)と担当者の自動割当て
投稿された住所から管轄するセンターを割り出し、「自動割当て機能」を有効にしていたオペレーターに順番に担当者として割り振られます。
重複チェックとOffertメッセージ
投稿されたデータから、同じ応募者が既に登録されていないか重複チェックを行います。
電話番号、携帯番号、日中の連絡先、メールアドレスのどれか一つでも既存の応募者と一致したら、重複の可能性があると割り出されます。 さらに、姓名の「名」と生年月日が一致する応募者がいた場合、同一人物と判定することもできます。
その上で、登録されている住所と投稿された住所が異なった場合には、担当オペレーターに「引っ越した可能性がある」ことが「Offertメッセージ」として通知されます。
また、登録されている姓名の「姓」が変更されていた場合には「結婚または離婚した可能性があります」と表示されます。
次回アプローチ日時の自動設定
「連絡可能時間帯」が投稿された時間帯であれば、「次回アプローチ日時」は、投稿時間の10分後に自動的に設定され、担当者がOffertにログインした際、 「アプローチするお問い合わせ・資料請求一覧」に、応募者の名前と「12時から14時が連絡可能時間帯の応募者です。すぐに電話をかけてみましょう。」というようなメッセージが表示されます。
担当者毎の最適な画面
オペレーター、センター長、ブロック長、エリア長、本部管理部など各権限ごとに必要な情報を最適に表示します。
見込み客リストに対してアクションをずっとし続ける
見込み客リストに対して、「もうかけない」になるまでアクションをし続けることができます。
たとえ1週間後、1年後でもアプローチ漏れはありません!!
時系列で管理される応募者情報画面
電話もメールも説明会も契約会も、全て時系列順に表示されますので、応募者とどのようなやりとりをして、どんな状況か一目で把握できます。
説明会・契約会管理
説明会・契約会のアポイント管理から説明会の出欠・合否管理、契約会の出欠・契約状況管理ができます。